MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« インテリア | メイン | しくしく泣ける部屋の提案 »

01

インテリアの教室

アメリカに年2度ほど通っていた時代、ホテルオーナーのプリッツカー氏の自宅にまぬかれたことがありました。建築界にはプリッツカー賞を与えている事業家でシカゴの郊外の大邸宅に招待され、緊張していたところ、部屋の一番目立つところに蓑がかかっていました。私はびっくりして聞いてみると日本のコートだよという返答でした。わざわざ日本から来るということで日本のものを話題にするために用意しておいてくれました。蓑の話で急に打ち解けた話ができるようになり、楽しい時間をすごすことができました。カンバゼーションピースというそうです。話題になるものを1つおくとそれだけで気持ちよく会話が進むというものでした。
私はミサワホームの社長時代、私に見合わない大きな社長室で、なんとなく落ち着かない感じでしたので、私はA4のコピー紙を壁にぶら下げておきました。入った人は何ですか?どうしてあるんですか?などたわいもない話をするようになり、緊張がなくなり親しく話ができるようになっていたかと思います。これもひとつのカンバーセーションピースです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ