MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 「遺言」内容について | メイン | 総合展示場出展会社は価格が高い »

01

不動産会社の仲介料はひどい

仲介料は買い手から3%、売り手から3%と定められている中で、両手両方からもらう会社が多い。日本だけの悪癖です。自社の住宅マンションを買ってもらった訳ですから、サービスでも良い訳ですが、しっかり手数料を取っている。下表の数字は日経ビジネスに紹介された2015年3月に開示された資料です。大手10社がほとんど両手の取引をしている。さすが三菱地所さんだけが1.5%という状況で、良心的な取引をしていています。

会社名 手数料収入 平均手数料
三井不動産リアルティネットワーク 707億5000万円 5.6%
住友不動産販売 543億1100万円 5.1%
東急リバブル 415億4600万円 4.1%
野村不動産グループ 258億3300万円 3.6%
三井住友トラスト不動産 155億3800万円 3.8%
三菱UFJ不動産販売 141億7000万円 3.7%
みずほ不動産販売 110億3700万円 3.9%
三菱地所不動産サービス事業 99億9600万円 1.5%
大京グループ 74億5300万円 4.4%
大成有楽不動産販売グループ 62億円 4.6%

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ