MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 不動産 | メイン | 本格的な街づくりで資産形成 »

01

住民協定のある街に住む

街全体を良くするためには住民協定をみんなで考えて作ることになります。たとえば生垣をみんなで作る。コンクリートの塀をやめる。車が歩道を乗り上げてきても生垣の中に入れば助かる。生垣であれば透けて見えるので泥棒は入ってこない。防犯にもつながっている。火災時には隣との防火壁となる。町全体で行えばすばらしいものになる。向こう三軒両隣で相談してもよいのではないでしょうか。電柱の地下埋設が今話題になっているが、街の景観がすばらしくよくなり交通事故も減る。資産形成につながる。町内会で花を植えることを決めて行えば春夏秋冬一年中お花畑の中で暮らすことができる。調べてみてください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ