MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2018年12月27日

今年も感謝

今日で仕事は終わりですが、80歳になり知り合いも増えお世話になって来ました。これからも長いお付き合いをお願いしたいと思っています。感謝。
新年は4日年賀から始まります。

2018年12月26日

ZENグループに感謝

ここの事務所は古くからの友人で死ぬまで友人といっていただいているZENグループの麦島会長のご好意でお世話になっている。ZENグループはおよそ15社のグループで会長麦島さんは正式な僧侶で静岡県にお寺があり、来年は熱海に新しいお寺が建立される。私より3つ年上で色々教えられることが多い。長いお付き合いでありがたい。

2018年12月25日

プラットフォームは宝の宝庫

これからの住まいをもたれる方10年住んで建てたときより高く売れることを目標としている。「国民を豊かにする」ことに役立てたいと思っています。同じ考えの企業に参加いただいている。来年80歳になるので、新しい仕事を始めるには区切りが良いと思っており、4、5年はかかると思っているので覚悟して行っている。

2018年12月21日

プラットフォーム完成

住まいとその後の生活をいかに豊かにするかを来年よりプラットフォームの新会社でスタートさせます。資料も大半がまとまり、出資者も集まっている。1月より試験的にスタートし、年号が変わる4月1日に正式にスタートします。世の中に役に立つと思っている。

2018年12月20日

3代付き合わないとわからない

信頼しあうには祖父、子供、孫と付き合って本当に信頼できることになると私が仕事を始めたころ教えていただいた。それは大変難しいことで、まず経済的に成立させなければならない。社会に信用されなければならない。人間として成長していかなければならない。3代だと50年になります。
今日山梨住宅工業株式会社の北原社長が3代目として来社いただいた。ちょっと感激した。初代はパネル接着工法の新技術の開発に取り組んでもらった。2代目社長は生産性の向上に没頭された。現3代目社長は事業拡大し、山梨のほか、岩手にも工場がある。メーカーの資本が入らない独自の資本で伸ばしているのでは。

2018年12月19日

電気自動車いち早く成功

京都大学初のベンチャーで日本人が電気自動車のプラットフォームを開発し、各国に広めている。プラットフォームにそれぞれのデザインしたボディーを乗せれば完成です。すでに街を走り回っており、世界2位の実績です。30代の若い人たちは世界を見て新技術に挑戦している。

2018年12月18日

世界標準の出現か

東京大学、都立大学、中国清華大学、北京大学、米国、ドイツの大学が加わり20年前、中国北京で住宅の世界標準について話し合ったことがあります。寸法がメートルの国、フィートの国、尺の国とあるわけですが、これをメートルに統一し、世界標準を推進しようという意見にまとまりました。世界最大の住宅会社VANKAとMISAWAは推進いたしました。もちろん地球環境にも配慮すべきだという意見にまとまりました。
今日、シンガポールの会社でまったく新しい技術を提案し、NEXT HOUSEとして世界各国から革新的技術を本格的に集めており、その可能性について話合うことができました。私は世界標準第一号になれば良いと思いました。

2018年12月17日

人財、人材、人済、人罪

ミサワホームでは大勢の人財がいます。札幌の佐宗社長、和田社長、東北の千葉社長、斉野社長、秋田の黒川社長、新潟の小柳社長、東京の佐藤社長、坂本社長、多摩の山口社長、千葉の佐藤社長、名古屋の斗光副社長、大阪の笹田社長、北陸の林社長、中国の加藤社長、正野社長、土居社長、山陰の金沢社長、佐賀の原社長が販売を伸ばしてくれました。技術屋では加藤専務、中部部長、工業デザイナーの上手さん、新素材を開発した花岡副所長、中野部長、デザイナーの川本さん、里村さん、上野さん、八巻さん、広報の青木、青柳室長、グラコミの八木室長、石川さんなど。生産関係では松本社長、花形社長、石塚社長、甘利部長、名古屋工場の石塚社長、田中社長、
国際スペシャリスト村本部長、片岡部長、村野理事、財務販売資金では佐宗専務、酒井専務、坂本専務理事、小峰常務理事、今泉専務、会社創業より山澤社長、深澤社長。
設立3年で上場でき、その後3年で日本一にもなることが出来ました。創業50年、今も皆元気です。

2018年12月14日

三澤千代治の遺言    2018年9月 創樹社

私の反省として書いてみました。現在の住宅産業では供給側の利益になっているものの、お客様の利益にはなっていない。20年も経つと家の価値が0になってしまう。アメリカのように10年経って家を引き渡した場合、値上がりしているということであれば、お客様の利益になる。日本人も一生に8回住み替えているので、8000万円の財産形成を行うことを目標にしました。人生100年の戦略としてご検討願いたい。新日鉄、経団連会長稲山さんは間違ったら謝ればいい」といっていた。決して謝らないのは役人と国会議員で世の中をややこしくしているとも言っていました。私はこれから謝りをしながら続けていくつもりです。

2018年12月13日

200年住宅誕生 2008年 プレジデント社

初釜で福田総理に会った。日本の住宅は耐久性が20年と短い。アメリカは45年、イギリス70年。日本の耐久性を延ばしたいと思っていると話したところ、国民が豊かになる話しですねと賛同してくれた。地域の振興にもなる。福田さんが総理就任演説で200年住宅を話してくれたので委員会が出来、国交省は3年に渡り、200年住宅の技術を募集し、長期優良住宅制度となり、戸建て住宅の1/3がなっている。高層住宅は怠けて進めていない状況です。

2018年12月12日

豊かな生活 2002年 ミサワホーム総合研究所

魔法の様に色々な技術を集大成した今でも驚く技術が満載しています。ベンチャーでネクストハウスということを試みているアジアの会社がやってきた。

2018年12月11日

賢い選択 2002年 ミサワホーム総合研究所

工業化住宅を合理化する方法をまとめている。技術革新、流通の合理化、生産性の向上と3つあります。いずれも大きく改革が出来ます。国家プロジェクトハウス55では昭和55年に価格を45%下げる計画をした。12社が参加し、最終的に商品に結びつけたのはミサワホームのみで、その出来栄えは70点というところでした。今後住宅事情の大きなアジア圏ですすめていきたい。

2018年12月10日

神戸淡路地震6800人の証言    2000年 ミサワホーム総合研究所

災害の翌日、私は現地入りしたところ、火災が発生しており、地面が暑くなっていた。原因はガス漏れしたガスに電気がショートし、火災が起こっていました。災害時にはガスを止めること、電気を切ることが大切です。幸いミサワホームでは事故がなかったのですが、ミサワホーム入居者6800人の入居者から当日の記録をまとめた貴重なものです。事故がなかったのは三井造船山下社長の教えで「管理と検査を2重に行えば事故は起こらないということでした。人間は神様ではないので、間違えることもある。管理と検査を行えば1/100×1/100で1/10000となる。」教えていただいた。

2018年12月07日

ゼロエネルギー  2000年 創樹社

ゼロエネルギー住宅の第一号を2000年に木質住宅とセラミック住宅で世界に先駆けて完成しました。太陽光については50年前、第一次南極越冬隊に京セラ製を採用し、現在も稼動しており、安全な技術です。

2018年12月06日

2050年の住宅ビジョン  2001年 プレジデント社

2001年に50年先までしっかり考えてみました。日本語も中国語、英語、ドイツ語、4ヶ国語で出版しました。中国のVANKAオーナー王セキサンには地球環境にいたく感心を持っていただき、ダボス会議で話をしていただきました。王さんは日本でソニーの代理店に勤めており、住宅産業に持ち込めば成功すると言うことで、現在では世界最大の住宅会社になっています。

2018年12月05日

土地神話・土地新話  1999年 東洋経済

同郷の元総理田中角栄のところに時折顔を出していました。あるとき、「三澤君は土地をやらないほうがいい」といわれた。列島改造論の張本人からの話で驚いた。おかげでバブル崩壊の痛手は少なかった。米の自由化で減反政策が実行され、その面積は日本の市街地の1/2
に該当する面積であった。よって土地がないという状況ではなかったのに、皆土地がないと錯覚をしていました。現在は北海道ほどの面積の土地が相続人が現れない状況です。

2018年12月04日

放夢  1998年 プレジデント社

HOMEのこと。石井さんの命名です。住宅の夢、住文化をしっかりまとめました。現在も夢の中。

2018年12月03日

ミサワ定期借地 1998年 ミサワホーム総合研究所発行

バブルがはじけて、定期借地についてしっかり取り組んだ。東京大学稲本先生、早稲田大学学長の協力を受けて、政府レベルで完成した。借りる人に優位なだけでなく、貸す側にも大きなメリットがある。これからの住宅産業の役に立つはずです。中国はもちろん、ヨーロッパでも圧倒的に借地が多い。日本でも渋谷の松涛、神戸の芦屋の高級住宅は借家です。

三澤ブログを検索:
アーカイブ