海外FXで損失が発生した時に確定申告する必要性はありますか?

man
「海外FXで損失がでてしまった場合は、確定申告する必要性はありますか?」
「海外FXで1年間の合計がマイナスになってしまった場合は、確定申告する必要性はありますか?」

海外FXでいつも利益が出るとは限りません。では、1年間の損益がマイナスの状態、つまり、損失が出てしまったときには、確定申告をする必要はあるのでしょうか?海外FXの損失発生時の確定申告の必要性について丁寧に解説します。

海外FXの損失発生時に確定申告する必要性

大前提

大前提として

  • 海外FX以外の理由で確定申告をする必要性がある → 海外FXの損失も申告する
  • 海外FX以外の理由で確定申告をする必要性がない → 海外FXの損失の確定申告をする必要性に応じて、確定申告の実行を判断する

形になります。

当然ですが、海外FX以外の理由で確定申告が必要であれば、海外FXの損失も同時に申告する必要があります。

例えば

  • 2カ所以上から給与をもらっている方
  • 住宅ローン減税を利用している方
  • 自分で会社を経営している方
  • 自営業の型

などが該当します。

海外FX以外の理由で確定申告をする必要性がない方のケース

「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」がある方は、確定申告が必要

海外FXの所得は「雑所得」による総合課税になります。

「雑所得」で、給与所得などと損益通算できるのであればいいのですが、残念ながら「雑所得」で損益通算できる所得は下記に限定されています。

「雑所得」で損益通算できる所得

  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 譲渡所得
  • 山林所得

「雑所得」で損益通算できるということは

「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」がある方にとっては、「雑所得(海外FXの損失分)」は、所得を減らせることになるため、その分、税金も抑えられるのです。

つまり、

「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」がある方は、海外FXの損失分も確定申告をすべき

ということになります。

同じ「雑所得」で利益が出ている方は、確定申告が必要

同じ「雑所得」であれば、損益通算が可能です。

海外FXで損失が出ていても

  • 海外取引所の仮想通貨で利益が出ている
  • 海外のバイナリーオプション業者で利益が出ている
  • 海外のブックメーカーで利益が出ている
  • ソーシャルレーディングの分配金
  • ネットショップでの収入
  • 講演料
  • 公的年金

などの収入があれば、そこで相殺(損益通算)ができるので、海外FXの損失も申告した方が税金が安くなるのです。

つまり、

海外FX以外の雑所得があるのであれば、海外FXの損失分も確定申告をすべき

ということになります。

上記以外の方

海外FXの損失分の確定申告は不要です。

国内FXであれば、3年間の繰越控除があるので、損失が出ていた場合、繰越のために確定申告をするのですが、海外FXには「繰越控除はない」ため、損失の確定申告の必要性はないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。