海外FXの税金はいくらから発生するの?いくら儲けたら確定申告する必要があるの?

woman
「海外FXの税金はいくらから発生するの?」
「海外FXでは、いくら儲けたら確定申告する必要があるの?」

海外FXで少額でトレードを楽しんでいる方には、数万円、数十万円の収益が出たときに「確定申告する必要があるかどうか?」「納税する必要があるかどうか?」が大きな疑問となるのではないでしょうか?今回は、海外FXの税金はいくらから発生するの?いくら儲けたら確定申告する必要があるの?について丁寧に解説します。

海外FXの税金はいくらから発生するの?いくら儲けたら確定申告する必要があるの?

そもそも「確定申告」というのは

前年の「所得(収入 - 経費)」の金額を税務署に申告して、納付すべき所得税額を確定すること

を意味します。

基本的には

  • 税金が発生している → 確定申告が必要
  • 税金が発生していない → 確定申告が不要

となります。

ただし、会社員(サラリーマン、OL)の場合は、会社が代わりに税務署に申告してくれる「源泉徴収(給与から税金の天引き)」という制度があるため、多くの方が「確定申告」をしないで済んでいるだけなのです。

つまり、

海外FXで税金が発生していない場合 → 確定申告が不要
(海外FX以外の収益で確定申告をする必要性がある方を除く)

となります。

海外FXの税金が発生しないケース

「所得(収入 - 経費)」がマイナス

「海外FXで得た収入よりも、海外FXのために買ったパソコンや通信費などの利益の方が大きい。」
「海外FXで損失の方が大きかった。」

という場合には

「所得(収入 - 経費)」 < 0

になってしまうため、税金は発生しません。

  • 海外FXの税金がなく、残りの所得もなければ、確定申告は不要です。
  • 海外FXの税金がなく、源泉徴収の給与所得のみであれば、確定申告は不要です。
  • 海外FXの税金がなくても、それ以外の所得がある方(給与所得除く)は、確定申告は必要です。

海外FXの「所得(収入 - 経費)」+その他の所得が控除額よりも少ない場合

海外FXの税金は「総合課税」が採用されています。

給与所得や事業所得などと雑所得(海外FXの所得)が合算されて、そこから控除額を除いて、所得税率を掛けて、所得税額が決まる計算になります。

所得税額 = ( 課税所得額 - 控除額 ) × 税率

控除額には

  • 基礎控除
  • 医療費控除
  • 雑損控除
  • 寄附金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 障害者控除
  • ひとり親控除
  • 寡婦控除
  • 勤労学生控除

などがあります。

働いていない方が結婚していて、配偶者がいる場合は、少なくとも

基礎控除:38万円
配偶者控除:38万円

合計:76万円

の控除があるため、

海外FXで70万円の収益があったとしても、その他の収益がなければ「( 課税所得額 - 控除額 )」はマイナスになり、所得税額も0円となるのです。

働いていない学生や専業主婦の場合は、基礎控除が38万円分あるので、海外FXの所得が38万円を超えない限りは、確定申告が不要になるのです。

控除額は人によって異なるため、自分で控除額を計算したうえで「税金が発生するのかどうか?」を判断しなければなりません。
TAXシミュレーション 船橋市 税理士  以下の使用上の注意点をよく読んで御利用下さい。 ①セルの移動はTABキーかマウスで直接クリックして下さ...

会社員(サラリーマン、OL)で海外FXの「所得(収入 - 経費)」が20万円に満たない場合

会社に「源泉徴収」してもらっている会社員(サラリーマン、OL)には

所得が20万円以下の場合は確定申告をしなくても良い

という「20万円ルール」が存在します。

海外FXと給与以外のその他の副業の所得が20万円以下であれば、確定申告する必要がないのです。

注意点
  • 「20万円ルール」は、確定申告する必要がないので、所得税は課税されませんが、住民税は各市区町村の役所に申告が必要となり、課税されます。
  • アルバイトやパートの場合は「所得(収入 - 経費)」ではなく、「収入」が20万円を超えると確定申告が必要

海外FXの税金発生を抑える、確定申告を避けるための方法

重要なのは、「収入」「所得」の違いです。

海外FXの場合は「所得(収入 - 経費)」が税金発生、確定申告が必要になる基準となります。

サラリーマンは所得が20万円以上で確定申告が必要

となっていたとしても、

海外FXの収入:100万円
海外FXの経費:81万円

であれば、所得は19万円ですので、確定申告は不要になるのです。

海外FXの税金発生、確定申告を避けるための方法としては

海外FXの経費をできるだけ多く計上する

という方法が挙げられます。

海外FXの経費にできるものは、海外FXトレードに必要になるものに限られますが

  • 家賃の一部
  • 通信費
  • 光熱費の一部
  • パソコン、周辺機器
  • スマホ
  • ケータイ料金
  • セミナー代
  • 交通費
  • FX仲間との会食費
  • トレード用の家具(椅子、デスクなど)
  • 書籍代
  • 振込手数料
  • 取引手数料
  • 送金手数料
  • 有料の分析ツール
  • 有料のVPSサーバー

など、挙げていけば、それなりの金額の経費を作ることができます。

経費をもれなく計上することで、海外FXの税金の発生、確定申告を避けることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です