海外FX確定申告の必要書類とは?

man
「海外FXの確定申告をする場合に、必要書類は何がありますか?」
「海外FXの確定申告をする場合の必要書類はどうやって集めれば良いでしょうか?」

海外FXで利益が出ている時、または損失が出ていても、他の雑所得との損益通算をする場合は、確定申告が必要になります。では、確定申告をする前に用意しておくべき必要書類には何があるのでしょうか?また、その必要書類はどうやって集めれば良いのでしょうか?今回は、海外FX確定申告の必要書類について丁寧に解説します。

海外FXの確定申告に必要な書類・必要なもの一覧

  • 確定申告書
  • 本人確認書類
  • 所得を証明する書類(海外FXの年間取引報告書)
  • 控除の適用を証明できるもの
  • 銀行口座の情報がわかるもの(還付がある場合)

確定申告書

確定申告をするためには「確定申告書」を作成し、税務署に提出する必要があります。

確定申告書には

  1. 確定申告書A
    確定申告書
  2. 確定申告書B
    確定申告書

の2種類があります。

  • 確定申告書A:確定申告書の簡易版(申告できる所得の種類が給与所得、雑所得、配当所得、一時所得のみに限定)
  • 確定申告書B:確定申告書の詳細版

海外FXの所得は「雑所得」ですので、例えば「給与所得」と「海外FXの所得」のみという方の場合は「確定申告書A」で申告しても問題ありません。また、詳細に記載する「確定申告書B」を利用しても問題ありません。

確定申告書の作成方法には

  1. 税務署などで用紙を入手して、自分で記入する方法
  2. 確定申告書等作成コーナーを利用して、オンラインで作成する(印刷する)方法
  3. オンラインで作成し、電子申告(e-Tax)で提出する方法

があります。

一番簡単なのは、スマホで確定申告する方法ですが、スマホでの確定申告の対象所得は「給与所得、雑所得、一時所得、特定口座年間取引報告書 /上場株式等の譲渡損失額(前縁繰越分)」に限られるため、事業所得のある個人事業主やフリーランスの方などは利用できないので注意が必要です。

また、オンラインで作成し、電子申告(e-Tax)で提出する電子証明書(電子証明書がICカードに組み込まれている場合には、ICカードリーダライタ等も別途必要)が必要になります。費用がかかるため、コストを抑えたい方にはおすすめできません。

おすすめの作成方法は

  • 確定申告書等作成コーナーを利用して、オンラインで作成する(印刷する)方法

です。これなら、ウェブに入力して印刷して、そのまま郵送するだけで済みます。

本人確認書類

確定申告書を提出する際には「本人確認書類」が必要になります。

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 身体障害者手帳

などのいずれか一つが必要になりますが

マイナンバーカードでない場合は、マイナンバーの通知書が必要になるため、注意が必要です。

本人確認書類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。