海外FX税金対策・節税方法をすべて解説

海外FXトレードで一定以上の儲けがある投資の場合、海外FXの税金は、国内FXの税金よりも、高くなってしまいます。少しでも海外FXの税金を安くするためには「税金対策」「節税」が必要になります。今回は、海外FX税金対策・節税方法をもれなく紹介します。

あくまでも「合法」のX税金対策・節税方法を紹介しています。

海外FX税金対策

1.経費を増やす

海外FXの場合は、課税される対象は「海外FXの所得」です。

海外FXの所得 = 海外FXの収入(儲け) - 海外FXの経費

ですから

海外FXの収入が同じだとすれば

海外FXの経費が大きければ大きいほど、課税対象の「海外FXの所得」が下がり、海外FXの税金も安くなる

ということになります。

経費に「できるもの」と「できないもの」

海外FXの経費 = 海外FXトレードの目的に利用した費用

のことを言います。

  • 海外FXトレードに関係のない友達との食事代
  • 海外FXトレードに関係のない家族との旅行費用

などは、当然ながら経費になりません。

  • 海外FXトレードのために使った書籍代
  • 海外FXトレードで使っているパソコンの費用

などは、海外FXトレードのために使っている必要ですので経費になります。

関係のない費用を経費として計上してしまうと、税務署などの指摘が入り、修正申告をしなければならないことになってしまいます。悪質な場合は「過少申告加算税」「重加算税」が課され、税金を安くするどころか、税金が高くなってしまうので注意が必要です。

海外FXトレードで経費計上できる可能性がある費用

※何を経費計上できるかは、税務署や担当する税理士、会計士によって、微妙に異なります。不明な点があれば、税理士、会計士、税務署に聞くのが間違ない方法です。
  • 情報収集・勉強のために購入した書籍代
  • 情報収集・勉強のために購入したDVD
  • 情報収集・勉強のために参加したセミナー費用
  • 情報収集・勉強のために登録している有料メルマガ
  • 情報収集・勉強のために登録している有料情報サイト
  • 海外FX業者の取引手数料
  • MT4・MT5等で利用する有料インジケーターの購入費用
  • MT4・MT5等で利用する有料EAの購入費用
  • 新聞代
  • プロバイダー料金
  • 光回線・wifi料金
  • VPSサーバー費用
  • 電話料金/携帯電話料金
  • 文具・事務用品
  • PC/PC周辺機器
  • タブレット、携帯端末
  • プリンター
  • トレードのために利用したオフィス、レンタルオフィス、まんが喫茶
  • トレードのために利用している家の家賃(一部のみ経費として認められる)
  • トレードのために利用している家の光熱費(一部のみ経費として認められる)
  • トレードで使う机・テーブル
  • トレードで使うイス
  • トレードで使う照明
  • トレードの情報収集で使うテレビ
  • 海外FXの情報取得のための英会話費用
  • FXトレーダー仲間との会食、接待費用
  • 海外FX業者との打ち合わせで行く海外渡航費用
  • Microsoft Office等のソフトウェア費用
  • 入金用のクレジットカード、デビットカードの年会費
  • 海外送金などの送金手数料

出典:海外FXレビュー「海外FX税金マニュアル」

2.ECN口座を利用する

海外FX口座には大きく分けて

  • STP口座
    ECN口座

という2種類の口座があります。

細かい特徴の差は割愛するとして、トレードコストのかかり方は

STP口座 = スプレッド:広い + 取引手数料:無料
ECN口座 = スプレッド:狭い + 取引手数料:有料

という違いがあります。

STP口座の場合は、リクイディティプロバイダーが提示したレートに、海外FX業者が自分たちの取り分を上乗せ(マークアップ)して、提示するため、スプレッドが広くなります。その代わりに取引手数料は徴収しません。

ECN口座の場合は、海外FX業者の取り分は、スプレッドとは別に取引手数料という形で徴収します。そのため、スプレッドが狭いのですが、取引手数料が別途かかる仕組みです。

スプレッドと取引手数料を合算したトレードコストでは、ECN口座の方が安いことが多いです。

税金対策でどうしてECN口座の方がおすすめなのか?

スプレッド → 経費計上できない
取引手数料 → 経費計上できる

という違いがあるからです。

取引にかかった取引手数料は、経費計上ができるため、海外FXトレードでの利益から除くことができます。

取引量が多ければ多いほど、ECN口座の方が経費にできる金額が大きくなり、税金が安くなるのです。

3.年末時点での利益があるポジションは決済しないで両建てで持ち越す

FXトレードの課税対象は

決済(確定)された利益

です。

未決済ポジションは持っていても、課税対象外なのです。

仮に年末の時点で+100万円の利益がでている未決済ポジションがあったとします。

  • 12月末に決済 → 確定分の100万円に対して税金が発生する
  • 12月末に決済しない → 税金は発生しない

ことになります。

しかしながら、「今、決済しないと年明けには為替相場が崩れて利益がなくなってしまう可能性がある。」と考えて「決済したい」という状況もあるかと思います。

このときには、無理に決済するのではなく「両建て」をしておけば、そこからの相場変動分は、両建てで損益ゼロになるため、利益をそのまま翌年に持ち越すことができるのです。
利益を持ちこして、決済する利益額をコントロールできれば、有効な税金対策となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です