海外FX税金対策・節税方法をすべて解説

海外FXトレードで一定以上の儲けがある投資の場合、海外FXの税金は、国内FXの税金よりも、高くなってしまいます。少しでも海外FXの税金を安くするためには「税金対策」「節税」が必要になります。今回は、海外FX税金対策・節税方法をもれなく紹介します。

あくまでも「合法」のX税金対策・節税方法を紹介しています。

海外FX税金対策

1.経費を増やす

海外FXの場合は、課税される対象は「海外FXの所得」です。

海外FXの所得 = 海外FXの収入(儲け) - 海外FXの経費

ですから

海外FXの収入が同じだとすれば

海外FXの経費が大きければ大きいほど、課税対象の「海外FXの所得」が下がり、海外FXの税金も安くなる

ということになります。

経費に「できるもの」と「できないもの」

海外FXの経費 = 海外FXトレードの目的に利用した費用

のことを言います。

  • 海外FXトレードに関係のない友達との食事代
  • 海外FXトレードに関係のない家族との旅行費用

などは、当然ながら経費になりません。

  • 海外FXトレードのために使った書籍代
  • 海外FXトレードで使っているパソコンの費用

などは、海外FXトレードのために使っている必要ですので経費になります。

関係のない費用を経費として計上してしまう

と、税務署などの指摘が入り、修正申告をしなければならないことになってしまいます。悪質な場合は「過少申告加算税」「重加算税」が課され、税金を安くするどころか、税金が高くなってしまうので注意が必要です。

海外FXトレードで経費計上できる可能性がある費用

※何を経費計上できるかは、税務署や担当する税

理士、会計士によって、微妙に異なります。不明な点があれば、税理士、会計士、税務署に聞くのが間違ない方法です。

  • 情報収集・勉強のために購入した書籍代
  • 情報収集・勉強のために購入したDVD
  • 情報収集・勉強のために参加したセミナー費用
  • 情報収集・勉強のために登録している有料メルマガ
  • 情報収集・勉強のために登録している有料情報サイト
  • 海外FX業者の取引手数料
  • MT4・MT5等で利用する有料インジケーターの購入費用
  • MT4・MT5等で利用する有料EAの購入費用
  • 新聞代
  • プロバイダー料金
  • 光回線・wifi料金
  • VPSサーバー費用
  • 電話料金/携帯電話料金
  • 文具・事務用品
  • PC/PC周辺機器
  • タブレット、携帯端末
  • プリンター
  • トレードのために利用したオフィス、レンタルオフィス、まんが喫茶
  • トレードのために利用している家の家賃(一部のみ経費として認められる)
  • トレードのために利用している家の光熱費(一部のみ経費として認められる)
  • トレードで使う机・テーブル
  • トレードで使うイス
  • トレードで使う照明
  • トレードの情報収集で使うテレビ
  • 海外FXの情報取得のための英会話費用
  • FXトレーダー仲間との会食、接待費用
  • 海外FX業者との打ち合わせで行く海外渡航費用
  • Microsoft Office等のソフトウェア費用
  • 入金用のクレジットカード、デビットカードの年会費
  • 海外送金などの送金手数料

出典:海外FXレビュー「海外FX税金マニュアル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です