海外FXの納税義務と納税の手順

man
「海外FXで納税義務はありますか?」
「海外FXでの納税の手順を教えてください。」

海外FXでトレードをしようとする投資家が気にすることの多い質問が「海外FXの納税義務」についてです。丁寧に回答します。

海外FXの納税義務はあるの?

日本在住の日本人の投資家が、海外FXで利益(所得)が出た場合、納税義務が発生します。

こちらでも解説していますが

海外FXで稼いだお金に税金はかかるの?税金を支払う必要はあるの?

国税庁のウェブサイトでは

「居住者」に分類される「非永住者以外の居住者」は、所得が生じた場所が日本国の内外を問わず、その 全ての所得に対して課税される

とされています。

非永住者以外の居住者とは

  • 日本国内に住所を有する者
  • 日本国内に現在まで引き続き1年以上居所を有する者
  • 非永住者以外の方(以下の両方を満たす方。日本国籍を有していない者、過去10年以内において、日本国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下である者)

を指します。

簡単に言えば

日本に住んでいる方は、日本国内の所得も、海外での所得も、日本に納税する義務がある

ということを言っているのです。

一部、免除となるのは、外国人で過去10年で日本に住んでいる期間が5年以下の人だけです。

つまり、

日本在住の日本人の投資家が、海外FXで利益(所得)が出た場合、納税しなければならないのです。

ただし、海外FXの利益(所得)が少額で、基礎控除や扶養控除で所得が0円以下になる場合は、納税する必要はありません。

納税すべき税金は

  1. 所得税
  2. 復興特別所得税
  3. 住民税

の3つです。

海外FXの納税の手順

海外FXで得た所得は、自分で確定申告して、税額を確定し、納税する必要があります。

つまり、手順としては

  1. 1年間の海外FXで得た所得を計算する(海外FX業者のマイページなどで確認)
  2. 翌年の2月16日~3月15日の間に確定申告する
  3. 翌年の2月16日~3月15日の間に確定申告で確定された税額を納税する
  4. 住民税の納税通知書が6月ごろに届くので、その通知書に従って納税する

という手順になります。

注意しなければならないのは、副業の場合「年間20万円以下の所得の場合、確定申告が不要」という制度がありますが、これは所得税に限った制度ですので、住民税は申告が必要になります。この場合、確定申告は不要ですが、住民税の申告(住民税申告)をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。